スクラブ洗顔と酵素洗顔の違いは?毛穴の黒ずみや角栓にはどちらが効くのか

※本ページはプロモーションが含まれています

スクラブ洗顔と酵素洗顔は、どちらも角質を取り除くために使われる洗顔法ですが、そのメカニズムが異なります。どちらが毛穴の黒ずみや角栓除去に効果が強いのか、詳しく解説したいと思います。

目次

それぞれ洗顔の仕組みが異なる

スクラブ洗顔と酵素洗顔では洗顔の根本的なアプローチが全く異なります。

スクラブ洗顔について

スクラブ洗顔は、固形の粒子(研磨剤)を含んだ洗顔料を使って、肌表面の古い角質や汚れをこすり取る方法です。一方、酵素洗顔は、酵素の働きで古い角質や汚れを分解する方法です。

鼻の角栓は、毛穴の中にたまった皮脂や汚れが酸化してできる黒いブツブツ状のものです。スクラブ洗顔では、研磨剤が角質をこすり取ることで、表面に付着した角栓を取り除くことができます。しかし、研磨剤が粗すぎると、肌を傷つけることがあるため、注意が必要です。

酵素洗顔について

酵素洗顔は、角質層に含まれる古い角質を酵素の力で分解します

酵素洗顔では、酵素が古い角質や汚れを分解して溶かすため、こずらずに角質を取り除くことができます。また、酵素洗顔には、洗浄力が強すぎず、肌のうるおいを保つ効果があるため、肌に負担をかけずにスムーズな洗顔が可能です。

鼻の角栓除去なら酵素洗顔

角栓にも効果的

さらに、酵素洗顔は、肌の表面だけでなく、毛穴の奥に詰まった汚れや角栓も効果的に取り除くことができます。酵

素は、肌表面の角質層だけでなく、毛穴の奥にも浸透し、そこに詰まった皮脂や汚れを分解してくれます。そのため、酵素洗顔は、スクラブ洗顔よりも効果的に毛穴の汚れを取り除くことができ、特に鼻の角栓に対して効果的です。

ドラッグストアで買える酵素洗顔

酵素洗顔は特別なものではなく、ドラッグストアでも販売しています。

ファンケル ディープクリア洗顔パウダー

手軽に買える酵素洗顔の中で人気の商品です。ファンケルのディープクリア洗顔パウダーは、肌のくすみや汚れを落とし、毛穴の詰まりを改善するための洗顔料です。

created by Rinker
¥1,708 (2024/06/17 01:26:42時点 楽天市場調べ-詳細)

パパイン酵素、リンゴ酸、コラーゲン、ヒアルロン酸などの保湿成分が含まれていて、肌に必要な水分や潤いを補給しながら洗顔できます。また、泡立てネットを使うことで、しっかりとした泡立ちを実現し、肌への摩擦を軽減することができます。無香料、無着色、アルコールフリー、石油系界面活性剤フリーといった肌に優しい処方が特徴です。

スイサイ ビューティークリアパウダーウォッシュ

カネボウが販売している洗顔料です。パウダータイプで小さなカプセルに入った粉末状の洗顔料を手のひらに取り、水で泡立てて使用します。

created by Rinker
¥1,787 (2024/06/17 01:26:42時点 楽天市場調べ-詳細)

酵素パウダーとアミノ酸系洗浄成分を配合し、肌を優しく洗浄しながら古い角質や毛穴の汚れを落とします。天然セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分も配合されており、洗顔後の肌のつっぱり感を抑え、しっとりとした肌に整えます。1包ずつ個別包装されているので、持ち運びにも便利です。

酵素洗顔の欠点

鼻の角栓にも効果的な酵素洗顔ですが、欠点もいくつかあります。

パウダー洗顔なので使いづらい

酵素洗顔は、どれもパウダータイプしかありません。パウダーと水(ゆるま湯)を混ぜて泡立てる必要があるため、使用前の手間がかかります。また、泡立てる際には適切な比率や混ぜ方を守らないと、うまく泡立たず、効果が発揮されないことがあります。

ぬるま湯でないと効果がない

酵素洗顔は、酵素の働きで古い角質や汚れを分解し、肌のターンオーバーを促進します。しかし、酵素は温度によってその働きが変わるため、使用時の温度管理が重要となります。

一般的に、酵素の働きは20度〜50度程度で最も効果的に発揮されます。洗顔時の水温は、37度〜40度が理想的で、肌を温めて酵素の働きを促進することができます。

ただし、温度が高すぎると酵素の働きが鈍くなり、低すぎると酵素が不活性化してしまいます。また、敏感肌の場合は温度が高すぎると肌荒れの原因になることもあるため、注意が必要です。

酵素洗顔を使用する際には、適切な温度管理を心がけ、肌に負担をかけないようにしましょう。

乾燥しやすい

一般的に、パウダータイプの酵素洗顔は、洗浄力がとても強いです。そのため、洗い上がり後に肌が乾燥しやすいという欠点があります。この場合、適切な保湿ケアが必要となります。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次